登米市のアウトドア情報サイト

メスティンでチョコチップバナナケーキを作ってみました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

今回は、メスティンでスイーツを作ってみます。

参考にしたのは、今回もこちらの本。

今回のチョコチップバナナケーキも、ご飯を食べながら自動レシピで作っておいて、食後に珈琲とつまむのに良さそうなので、もう少し練習を積んでからレギュラー入りを検討します。

それでは、ご覧ください。

メスティン自動レシピで作るために用意したもの

①メスティン(550円)

②MINI STOVE(110円)

③固形燃料(3個で110円)


使ったのは1個

④食材

食材
バナナ 2分の1
ホットケーキミックス 150g
牛乳 100ml
チョコチップ 適量
バター 適量

こうやって作りました

①まずはバナナを輪切りにします。

②ホットケーキミックスと牛乳を合わせて、生地を作ります。

③メスティンの内側(内部全体、あとでひっくり返すので蓋にも!)にしっかりとバターを塗ります。

④メスティンに生地を半分流し込み、バナナ、チョコチップをのせ、残りの生地を上に流しこみ均等にならす。

残りの生地を流し込み、上にチョコチップをちらしました。

⑤蓋をして、固形燃料に火をつける。

⑥9分くらいで、メスティンをひっくり返し、追加で5分焼き上げる。
(このとき、固形燃料はまだ燃えているので、作業に注意!)

※メスティンをひっくり返した時に液漏れがあったら、まだ生焼けなので、通常の置き方でもう少し加熱しましょう。

※焼きあがっても、25gの固形燃料を使った場合は、まだ10分近く燃えているため、他の作業に使うことも考えておくと無駄がありません。(一緒に飲むコーヒーのお湯を沸かすとか)

反省点と良かった点

反省点

エスビットの固形燃料ミリタリーなど、燃焼時間の調整の効きやすいものを用意してレシピ通りに作るようにした方が、慣れるまでは良いのかなと反省です。

25gの固形燃料だと火加減が強くなってしまうようです。

通常のポジションで8分、メスティンをひっくり返してから4分でいいと思います。

結局パンケーキの上と下を切って、中を食べました…。

上と下は、焦げているところをさけて、チビチビつまみました(笑)

味はバナナとチョコのゴールデンコンビで間違いなしです。

改善点

④の部分で、最初に生地をすべて流し込んでからバナナとチョコを入れると、蓋にくっつくことがあります。

今回は中に入れたので、それはありませんでしたが火加減難しいです。

またチャレンジして、時間と火加減の調整を細かくしてみたいと思います。

次回予告

次回は、準備も手間もすくなく、外飯(そとめし)にピッタリな「とり飯」に挑戦します!

キャンプでの料理で重宝する缶詰。

次回は、王道ともいえる「焼き鳥缶」を使ったレシピです。

この記事を書いている人 - WRITER -
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Sotomesi -そとめし- , 2022 All Rights Reserved.