登米市のアウトドア情報サイト

めんたい高菜ご飯を作ってみました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

今回は、「明太子」と「高菜」を使ったメニューです。

参考にしたのは、今回もこちらの本。

今回の「めんたい高菜ご飯」も簡単かつ美味しいので不動のレギュラーといった感じのメニューです。

それでは、ご覧ください。

メスティン自動レシピで作るために用意したもの

①メスティン(550円)

②MINI STOVE(110円)


③固形燃料(3個で110円)


使ったのは1個

④食材

食材
0.8合(120g)
160ml
高菜 おおさじ2杯
バター 1片(8g)
明太子 0.5腹
粗びき黒コショウ 少々(お好みで)

こうやって作りました

①まずは、お米をといでメスティンに入れ、その上に高菜をのせて30分放置。

 

②①にバターを置いて、ふたをして、固形燃料に火をつけます。
(だいたい14分くらいで火から離します)
※この固形燃料は20分くらい燃え続けるので、残りはお湯を沸かして、味噌汁用にするのも良いです。

 

③加熱したら、蓋を下にして、タオルなどの布で保温しながら10分放置。

④粗びき黒コショウを多めにふりかけ、明太子をのせて出来上がり!

⑤食べるときには、明太子を混ぜても美味しいし、少しずつほぐして食べてもOK!


ここはお好みで、どうぞ。

反省点と良かった点

反省点

なし!
とにかくシンプルなので、火加減さえしっかりすれば間違いなし!
※実際は生の辛子明太子を持っていくことになるので、食材が悪くならない注意が必要です。

 

良かった点

自前のメスティンが1合炊きではありますが、ご飯だけを炊くのに適した大きさで、炊き込みご飯をしようと思うと心もとない大きさ。

なので、炊き込みご飯をするときは0.8合くらいで調整するのがベスト。
今回もその見積もりが正解でした。

炊きあがりを見ると、高菜が水を吸ってふっくらしているのが分かると思います。

このメスティンで、具材を入れて1合で炊いた場合は吹きこぼれるので、やはりこの量がベストですかね。

もしくは、こちらの記事で紹介しているレギュラーサイズを購入して、参考にしている本のレシピ通りに炊くのがベストです。

次回予告

次回は、登米市の道の駅を巡って、出会った食材からインスピレーションを受けてメスティン飯レシピに挑戦してみたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Sotomesi -そとめし- , 2022 All Rights Reserved.