登米市のアウトドア情報サイト

メスティンでとり飯を作ってみました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

今回は、キャンプで定番の「缶詰」を使ったメニューです。

参考にしたのは、今回もこちらの本。

今回の「とり飯」は、使う「焼き鳥缶」次第で色んな味が楽しめます。

これは、簡単かつ美味しいので不動のレギュラーといった感じのメニューです。

それでは、ご覧ください。

【メスティン自動レシピで作るために用意したもの】
①メスティン(550円)

②MINI STOVE(110円)

③固形燃料(3個で110円)


使ったのは1個

④食材

食材
0.8合
160ml
焼き鳥缶 1缶
しめじ 20g
少々
山椒 なかったので、七味唐辛子
小口ネギ 適量

こうやって作りました

①まずは、お米をといでメスティンに入れます。

②焼き鳥缶の中身、塩、しめじをメスティンに入れ30分放置。

 

③固形燃料に火をつける。
(だいたい12分くらいで火から離します)
※この固形燃料は20分くらい燃え続けるので、残りはお湯を沸かして、味噌汁用にするのも良き。

④火が消えるまで加熱したら、蓋を下にして、タオルなどの布で保温しながら10分放置。

⑤メスティンのふたを開け、軽くまぜ、小口ネギと七味唐辛子をふったら出来上がり!

反省点と良かった点

反省点

なし!
とにかくシンプルなので、火加減さえしっかりすれば間違いなし!

良かった点
自前のメスティンが1合炊きではありますが、ご飯だけを炊くのに適した大きさで、
炊き込みご飯をしようと思うと心もとない大きさ。

なので、炊き込みご飯をするときは0.8合くらいで調整するのがベスト。
今回もその見積もりが正解でした。

次回予告

次回は、生ものを使うので、実際のキャンプでどのように再現するのか悩ましいメニューに挑戦します。

キャンプでできたら、間違いなくがっつき飯になるはず。

その名も「めんたい高菜ご飯」。

 

めんたい高菜ご飯への挑戦が終わったら、春も近づいてきたことなので登米市の食材を活かしたレシピに挑戦してみたいと思います!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Sotomesi -そとめし- , 2022 All Rights Reserved.