登米市のアウトドア情報サイト

モデルルート 東和

Sotomesi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sotomesi
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

登米市東和町には2つのキャンプ場があります

1ヶ所は市内外に有名な「三滝堂ふれあい公園」

もう1ヶ所は、ほぼ隣にひっそりと佇む「ふくろうの森キャンプ場」

今日は2か所のキャンプ地を偵察します

 

直接行くなら登米東和インターの方が若干近いのですが、旅の楽しみである道草を食べに道の駅へ(笑)

最近出来たばかり「道の駅 三滝堂」へ到着です

店内はかなり賑やか

 

今日の狙いは東和町産の天然物「まいたけ」・・・

生産量も限られており、出荷時期も短い為10月上旬~中旬しか売ってません

無事に確保する事ができました

こちらが東和町産天然物のまいたけです!

詳しい違いは分かりませんが、天然物は生息域・土壌・周辺の動植物で味が変わるそうです

天然物は香りが高く、東和町産のは亜鉛の含有量が多いとのこと

 

ちなみに普通の登米市産マイタケも売っています。こちらは養殖かな?

そしてこんなレアものが・・・・!!

まつたけですっっっ!!東和町産っっ!

登米市でも採れるのか、知らなかったなぁ

南三陸に近いこともあり、水産加工品もあります

隣接するレストランでは登米産牛ステーキ定食も食べられます

が!!!

¥3,800円

かなりのぜいたく品(笑)

人気No1と謳ってますがそんなに注文する人が多いのか・・・?

 

次なる目的地へ向かいます

東和町はキャンプ場が二つありますが、道の駅も二つあります

続いて「道の駅 林々館」へ

こちらではマツコの知らない世界で紹介されたとあるアイスがあります

その名もなんと・・・・

「源氏ボタルアイス」

えぇ、えぇ、分かります

マジかよ、ホタル入ってんのかよ・・・。と。

それで紹介されたんやな、と

それでは「源氏ボタルアイス」こちらです

誰もが思いますよね、「ハチやん」と

 

そうです、マツコの知らない世界でもその様に紹介されていました(笑)

アイス製作者の方は「ホタルです。」と主張されてるようですが・・・

 

早速いただいてみます

心なしか物憂げな表情のハチ(ホタル)と目が合いながら・・・

美味しい!見た目では分からなかったですが、ゴマアイスだったんですね

 

つづいて店内をぶらり

地酒がおいてあります、焚き火で熱燗・・・・うーん映えるなぁ

こちらで食材を買い、いざ目的地へ

 

まずはふくろうの森キャンプ場です

 

雰囲気をお伝えするため、試し張り

炊事棟も使いやすい作り

 

直接火入れできる机があります、これは変わった机ですね!

写真ではちょっと見にくいですが、真ん中に火入れできるスペースがあります。

コンロを持ち込まずにお手軽BBQが出来そうです

 

つづいて車で3分ほど、三滝堂ふれあい公園へ

小川が流れており、夏には大混雑と言っていいほど混み合うキャンプ場です

この日は比較的空いてました

テント設営できる場所に試し張り

こちらは小川が目の前に流れる場所、目の前で子供たちが水遊びするので、人が多い時はちょっと落ち着かないです

↑この辺り

 

こちらは広場になっている草地のサイト

↑この辺り

こちらに設営される方が多いですね

 

三滝堂はロケーションよし、子供達の遊び場よしでオススメです!

 

買った食材は豚汁にしてこちらの記事に紹介してますので、良かったらご一読下さい

登米ルート

この記事を書いている人 - WRITER -
Sotomesi
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Sotomesi -そとめし- , 2020 All Rights Reserved.