登米市のアウトドア情報サイト

わさび丼~登米市の天然わさびを使って~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

こんにちは、こんばんは。

今日は以前に モデルルート大萱沢渓流公園 で紹介しようと思っていた、例のアレを使った例のアレをやっていこうと思います。

 

例のアレは「孤独のグルメ season3」にて紹介され一世を風靡しました、かくいう私も一度食べてみたいと思っておりました。

お店の名前は「伊豆かどや」、例のアレとは「わさび丼」でございます。

見た人は分かりますが、アツアツのご飯に載せた鰹節が踊り、生わさびをその場ですりおろし香りが立つ中で、しょうゆを一回しして掻っ込む。。。

全く味の想像がつきません(笑)

 

一応本家様のお写真を載せておきます。(HPより借用)

 

こんなイメージですね、果たしてどの様なお味なのか。。。。

大切なのは生わさびという事、放送終了後チューブわさびで試した人が沢山いらっしゃったようですが、口をそろえて「イマイチ~普通」とのお話を聞いております(笑)

生わさびは結構貴重な物で、水のきれいな場所でしか育ちません。そして収穫まで2年近くかかるので手間のかかる食材なのです。

 

それではその貴重な生わさびが買える道の駅津山へ!

↑こちらは現在改装工事中、お隣のモクモクハウスさんで買えます!

以前のモデルルートで紹介した際は売ってませんでしたが今日はありましたーーー!!!

早速買い込みます、ついでに店内を物色

フキノトウがもう出てますね!大寒も終わり春が芽吹いてきてます。

 

もう少し暖かければ外で炊飯しても良いんですがご勘弁下さい(笑)

今日もメスティンの半自動炊飯です、旅館で良く見る例の青いアレを使います。

私は洗いモノが面倒くさい派なので、クッキングシートを引いて使っております。

さて作り方はいたってシンプル。

わさびをおろします。。。。

冷凍焼けで黒く変色しておりました。。。

しかしながらめちゃくちゃいい香りです。新鮮な物って違いますね。

 

ご飯に鰹節

 

すり下ろしたわさびをのせて、しょうゆを一回し・・・・

 

それでは「生わさび」でわさび丼、頂きます!

 

おっっっっ!!!

辛味もですが、何より香り!!!わさびの清涼感が違います、ご飯で温まるからなのか擦っている時よりも香りが強い、そして辛いんですが何だろう。

イヤな辛さじゃない、ずっと味わっていたい様な辛さです。美味しい!

わさびでご飯が進む日が来るとは思いませんでした、辛いからご飯食べる、鰹節としょうゆが美味い、わさびの辛さが欲しくなる、辛いからご飯食べる。

の無限ループです(笑)

 

これはもう一度食べたいランキングに入りました。津山道の駅さんでは「生わさび」を売っていますが天然物なので安定供給が難しいようです、売っていたら是非ご購入下さい✨

この記事を書いている人 - WRITER -
sotomesiの管理人です。 宮城県登米市在住の30代男性のinkとUKの2人で運営しています。 inkは学生時代からのキャンプ好きでキャリアは10年以上。 UKは昨今のキャンプブームに影響されているにわかキャンパー。 素人、玄人両方の視点から情報をお届けしてまいります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Sotomesi -そとめし- , 2022 All Rights Reserved.